バイナンス・ジャパンの取り扱い暗号資産(23年12月追加分)

bitcoin technology background with circuit lines
スポンサーリンク

Binance Japanの取り扱い暗号資産が2023年12月27日に追加されたようです。前回に引き続き追加された取り扱い暗号資産について調べてみました。

Binance Japanの取り扱い暗号資産(12/27追加分)

以下は既存の取り扱い分になります。

BTCETCDOTQTUMALGO
ETHADAENJSANDASTR
BCHBNBMATICXLMATOM
XRPBATMKRXTZAVAX
LTCDAIIOSTXEMAXS
CHZDOGEJASMYLINKSHIB
SOLTRXONTZIL

以下2023/12/27追加分

HBARNEAROPIMXARB
GRTRNDRMANAEOSGALA
APEKLAYLSKJPY(日本円)

JPYは法定通貨の日本円です。残念ながらステーブルコインは今回は追加されなかったようです、今後に期待したいと思います。

※ この記事は暗号資産の取引や特定の取引所での取引を勧めるものではありません。

HBAR

ヘデラハッシュグラフ(HBAR):分散元帳技術による処理速度とコストに優れた暗号資産

NEAR

ニアプロトコル(NEAR):スケーラビリティや環境性能に優れたDAppsプラットフォーム

OP

オプティミズム(OP):イーサリアムのレイヤー2Optimismのガバナンストークン

IMX

イミュータブルエックス(IMX):イーサリアムのレイヤー2Immutable Xによる高速処理と低コストが特徴

ARB

アービトラム(ARB):イーサリアムのレイヤー2Arbtrumの暗号通貨

GRT

ザ・グラフ(GRT):DAppsのデータ検索をする分散型アプリThe Graphのための暗号通貨

RNDR

レンダートークン(RNDR):分散型クラウドレンダリングサービスRNDRで利用される暗号通貨

MANA

ディセントラランド(MANA):VRプラットフォームDecentralandで使われる通貨

EOS

イオス(EOS):DAppsを開発するための仮想通貨

GALA

ガラ(GALA):Gala Games内で使用できる仮想通貨

APE

エイプコイン(APE):ApeCoin DAOとBAYCのエコシステムに使われる仮想通貨

KLAY

クレイ(KLAY):ブロックチェーンKlaytnで使用される暗号資産

LSK

リスク(LSK):Java Scriptで開発された暗号資産

まとめ

取り扱い通貨も増えてきました。既に主要なものはだいたい揃っているのかなという印象ですがステーブルコインなどをはじめいくつかまだ足りていないようにも感じます。

グローバルからのバイナンス・ジャパンへユーザーの移行は進んでいるようです。これからサービスなども本格的に稼働してくるのでしょう。サービスの手数料なども含めていずれ使い方などの解説記事も書いてみたいと考えています。

狩生

  ■ フリーダウンシフター ■
  ■ 減速ライフを実践中! ■
  ■ のんびり生きましょう ■

読書 / 英語小説 / 古代史研究 / ドロー系 / ウォーキング / python / 脱消費主義 / 新米ブロガー

著者をフォローする
crypto
スポンサーリンク
著者をフォローする
絶対タイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました