原付生活の実績報告 移動コストを計算してみよう

スポンサーリンク

原付生活をはじめて今年で15年目になります。それ以前は自家用車を所有していましたが高額な維持費から逃げるように新車の原付バイクに乗り換えました。現在乗っている原付は2台目になります。

レッツ4

最初の原付バイクはスズキのレッツ4でした。当時は原付のインジェクション4ストスクーターはまだ珍しいくらいでしたが、うたい文句通りの燃費とパワーがあり、乗り心地や操作性も素直で、良い原付だったなと思います。当時の家計簿や点検簿をもとに計算した実績が以下になります。

  • デフレの時代でもあり、車体価格はおよそ12万円、自賠責などを含めて14万円ほどの乗り出し価格でした。
  • 乗車期間は約5年、走行距離48000km、その間の燃料費が12万円弱、その他の税金、保険、メンテナンスの消耗品や工具、ヘルメットなどの装備品があわせて18万円ほどになっています。
  • 総額で44万円、年間9万円、9円/kmのコストとなっています。
  • 燃費は概ね42km/Lぐらいでした。

レッツ4は走行5万kmを目指して走行していたわけですが、目前にしてエンジンの不調が続き、あえなく廃車となりました。今から考えればエンジンシリンダー内のカーボン堆積が原因であったろうと思います。インジェクションのミニバイクは設計上どうしてもこうなるようなので、当時にもう少し知識があればだいぶ対応も違っていたのにと悔やまれるところです。

アドレスV50

現在の原付はアドレスV50なのですが、すでに5万kmを走破し、未だエンジンは快調です。だんだん補修箇所も増えてきていますが、目標の10万kmに少しでも近づけるように大事に乗りたいと思っています。

装備品や工具などは長期に使えるものも多く、費用総額は減る可能性もあるのですが、近年はメンテナンスコストが上がりつつあって、距離コストはどうなるかはまだわかりません。

カリュウ

フリー・ダウンシフター 兼ブロガー
収入を減らし、生活の質を求める減速生活を20年以上実践中/節約、家計改善の情報、健康や読書の話題を書いていきたい
闇雲に働くのはやめよう/下流志向/ハロプロヲタク/inkscapeトレーサー/英語小説発掘/古代史研究/プログラミング/ウォーキング/九州在住

カリュウをフォローする
原付のススメ
スポンサーリンク
カリュウをフォローする
絶対タイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました